環境学部の教員研究室や、実験室などがあります。

実験室16室、教員研究室12室、学生実験室2室があります。1階には土壌系実験室、地学系実験室、動物系実験室、2階には物理系実験室、有機化学系実験室、植物系実験室、工作室、3階には廃棄物系実験室、無機化学系実験室、微生物系実験室を配置しており、生物学・化学・地学・工学など、環境保全についての幅広い分野の教育・研究を行うことができます。その他処理室、準備室、薬品庫、工作室、会議室、事務室などが11室あります。また、実験では様々な薬品を使用するため、万が一に備えて緊急用シャワーと洗眼器も設置しています。さらに、実験研究棟の西側にはヤギが暮らす放牧地があり、2・3階の西ホールは、ヤギの様子を見ながら学生たちが談笑できる憩いの場となっています。

 

 

 

教員研究室

実験室の近くに各教員の研究室が配置されており、いつでも実験・研究を行うことができる環境となっています。また、学生が質問や相談を気軽にできるように廊下側に窓を設置し、オープンな雰囲気としています。

 

 

 

実験室

全部で16の実験室があります。生物学・化学・地学・工学など環境保全に必要な幅広い分野の実験に対応しています。その他にも、予備実験室や薬品庫、電気室なども配置しています。

 

 

 

緊急用シャワー・洗眼器

各階に設置しています。実験では様々な薬品を使用するため、誤って薬品が体についたり目に入ってしまったりした場合の応急処置のために備えています。

 

 

Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.