第2回新生公立鳥取環境大学設立協議会(平成22年11月19日)

このページをプリントする

議題

  • 教育内容の改革(カリキュラム編成)について
  • 魅力づくりのための新たな方策について
  • 公立大学法人化に伴う管理体制・人事給与制度改革について

主な意見

  • 高校に加えて中学校の理科教員免許も取得可能にすべき(鳥取大学との連携)。
  • 環境学部に交通、総合政策論(ポリシー)、水処理の科目を追加すべき。
  • 英語検定試験合格の具体的な目標を設定してはどうか。(語学をセールスポイントに)。
  • 社会で役立つ実学の観点から居住、情報関連科目を精査すべき。
  • 海外の学生との交流の機会を積極的に創出してはどうか。
  • 教職員の任期制を導入すべき。
第2回協議会 平成22年11月19日(金)15:40~16:30
  • 場所:鳥取県庁 第4応接室
  • 協議内容:教育内容の改革(カリキュラム編成)について、魅力づくりのための新たな方策 ほか

当日配布資料

 


アドビ社のHPへ PDFファイルをご覧いただくには,「Adobe Reader」が必要です。インストールされていない場合はAdobe社のホームページからダウンロードしてご利用ください。
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.