鳥取県議会 新生公立大学の発足に向けた予算が可決(平成23年3月11日)

鳥取県議会 新生公立大学の発足に向けた予算が可決(平成23年3月11日)

このページをプリントする

平成23年2月定例県議会において、鳥取環境大学の平成24年4月、学部学科改編、公立大学法人化を行うなど、新生大学の発足に向けた予算が可決されました。


鳥取環境大学について、平成24年4月を目途として環境学部、経営学部の2学部への学部改編等の改革を行い、公立大学法人化を実施するための、法人認可や設置者変更等の具体的手続きを行うとともに、県、鳥取市、鳥取環境大学で構成する「新生公立鳥取環境大学設立協議会」において、総合的改革案で示された様々な取組みの具体的実施、準備をする予算が可決されました。


また、公立大学法人化を実施することに伴い、鳥取環境大学の生まれ変わる新しい姿を、県民、全国の受験生に向かってアピールをするための経費も合わせて可決されました。


なお、現在開会中の鳥取市議会でも同様に、平成24年4月の学部学科改編、公立大学法人化を目指して、新しい大学へと生まれ変わらせるための、議論がなされているところです。
※鳥取市議会3月23日(水)採決・閉会日


今後は、国に対し法人認可や設置者変更等の具体的手続きを行う予定としています。

Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.