学長メッセージ

学長メッセージ

このページをプリントする

公立鳥取環境大学はたいへん特徴のある大学です。まず、本学は人間形成教育という柱を立てている点です。その根幹をなすのが、1年次から4年次まで続くプロジェクト研究で、1・2年次では学部の壁を越えて学生同士協力しあい、フィールドに出て調査・研究をします。仲間と共同しつつ、自ら考えて行動することでたくましさを身につけることを期待しています。次に、本学は環境学部と経営学部の2つだけからなるという点です。なぜ環境学と経営学なのでしょうか。環境システムを思考の原点にしつつ、持続可能な人間活動の在り方をしっかり考える力を身につけるのに、この2つの分野の組合せがベストと思います。環境学部と経営学部の学生がそれぞれの専門分野をしっかり学ぶとともに、相互乗り入れで、一緒に汗を流して、課題を見つけ、その解決策を探るためには、お互いが知りあいになる必要があり、そのためには規模は小さい方がよいのです。

 

私たちは「地球村」で生活している、とたとえる人がいます。今や、人、お金、もの、情報などが地球規模で動き回るようになりました。「地球村」のどこかで変化があれば、すぐに「村」全体に影響がおよびます。このようなことは、人類はこれまでに経験したことがなく、グローバル化した世の中がこの先どうなるのか、よく分かりません。予測困難な状況のもと、世界がダイナミックに変化し続けることだけは確かです。このような世の中で皆さんに求められるのは、生き抜く力です。そして、自らを変えていける力です。では、こうした力はどうすれば身につくのでしょうか。本学では創立以来、人間形成教育に力を入れてきました。優れた教員の指導のもと、環境学と経営学の確固とした基礎力を習得するとともに、これからの世の中を生き抜くための必須ツールである、英語力、情報処理力、コミュニケーション力をしっかり身につけてほしいと思います。それを可能にする、世界レベルの優れた教員が本学にはそろっています。主体的な学びを通して、生涯学び続ける人間、絶えず自らを変えていける人間になるための基本を身につけることを願っています。

 

少子高齢化したわが国にとって大切なことは、ほんとうの幸せや豊かさとは何なのかしっかり考えてみることです。温かい「人と人とのつながり」のある鳥取でフィールド学習できるのは、素晴らしいことです。豊かな自然と長い歴史のある鳥取での勉学と生活を通して、地域の人達の思いやニーズに気づき、課題解決できる、たくましい大人への第一歩を踏み出して下さい。

 

 江﨑学長

 

 

理事長・学長 江﨑 信芳

[ Profile ]

京都大学農学部を卒業。京都大学大学院 農学研究科 農芸化学専攻 博士課程修了。京都大学化学研究所の助手、米国マサチューセッツ工科大学化学部へ留学の後、京都大学化学研究所助教授・同化学研究所教授・所長、京都大学理事・副学長(京都大学名誉教授)、放送大学京都学習センター所長、特任教授を歴任し、2018年に公立鳥取環境大学学長・理事長に就任。

Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.