大学間連携事業についての、概要をご紹介します。

大学間連携

 

本事業は、島根大学を代表校とした文部科学省補助事業「大学間連携共同教育推進事業」(大学改革推進等補助金)の取り組みであり、山陰地域の5大学・短期大学(島根大学(代表校)、本学、鳥取短期大学、島根県立大学、島根県立大学短期大学部)が連携して平成24年度から5年間取り組んでいる。

本事業では、自然・歴史、文化・産業等において、そして地域社会の抱える課題においても共通の基盤を有する山陰地域の5大学・短期大学が、地域社会の人材ニーズ に応えるというミッションを共有し、地域のステークホルダーとともに「ソーシャルラーニング」を開発する中で、共通課題を解決する試みです。

大学の学生が、地域社会をフィールドにして、地域社会・住民が抱える課題の発見・解決に向けた提案、地域の状況を深く理解することにより地域発展の貢献に取り組んでいきます。

大学と地域社会を結ぶ大学間連携ソーシャルラーニング
    Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.