英語村でのゲストスピーカーによるドイツ紹介のレポート

英語村でのゲストスピーカーによるドイツ紹介のレポート

このページをプリントする

平成25年7月12日(金) ドイツ出身の鳥取市国際交流員イネス・ミュラーさんを英語村にお招きしました。2度目の来村のため、簡単にドイツの紹介をしていただき、その後ゲームを行いました。
ドイツの紹介では、ドイツ国旗の構成を学生達に質問。「赤、黒、黄色」の答えに対し、「黄色ではなく、金色です。金の方が聞こえがいいからかな。」と解説したり、日本では夜の食事を「夕(晩)ご飯」というのに対し、パン食が多いドイツでは「Evening Bread」(夕方のパン)という等の紹介がありました。
その後、サイコロを振って遊ぶ「チョコレートゲーム」を、10人1グループになり実施。
このゲームは、サイコロで「6」を出した人が、チョコレートを食べられるという、シンプルなもの。ただし、チョコレートを食べる前に、各グループに1セット準備してあるコスチューム「帽子、手袋、マフラー」を身に付け、ナイフとフォークでお皿にのった板チョコの包装紙を取り外さなくてはならないというルールがあり、その作業中も順次サイコロを振る他のメンバーが「6」を出した場合には、即座に作業を中断し、その人にコスチュームを渡さなくてはならず、素早さが要求されます。
「6」ばかりが出続け、コスチュームを身に付ける間もなく次々に他のメンバーに渡すグループがいる一方で、「6」が全くでないグループも。終盤になると各グループに「6」が次々と出て、どのグループも大変盛り上がっていました。
最後に開かれたミニパーティでは、学生達はイネスさんとの英会話を楽しみました。

ドイツゲストスピーカー1

ドイツゲストスピーカー2

Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.