環境学専攻の教育研究目標は、環境学だけでなく経営学の視点をもちながら、持続可能な社会の構築に向けて貢献できる人材の育成。また、地域資源の管理や保全について、現実に則した有効で具体的な提案ができる人材育成を目指します。
研究科共通科目である「環境経営科目群」に加えて、領域の専門性を高めるために「自然環境科目群」「資源循環科目群」「人間環境科目群」の3つの科目群を設置しており、学生自身の問題意識、研究テーマに応じて科目を選択します。各科目群は、地域の実際の問題に接し、その問題解決につながる提案や活動にむすびつく内容やフィールド活動を盛り込む授業内容となっています。また、必修科目として「特別演習」「特別研究」を設置し、学生自身の問題意識を育てて研究のテーマ追究を個人指導により修士論文の作成に向けて取り組みます。

環境経営科目群

研究科共通科目で、環境問題に経営的視点からアプローチすることによって環境経営的視点を修得し、環境保全と企業経営を両立させる環境経営マネジメントの実践を主導できるような力を身につけるための科目群です。この科目群を通して、環境経営に関わるこれまでの確立された理論と最新の研究知見を学びます。
<授業科目>
持続性学特論、地域計画学特論、人間環境システム論、環境経済特論、環境評価特論、環境経営特論、共生経営特論

自然環境科目群

人と自然が持続的に共存できるために必要な自然環境の保全と維持管理に貢献できる広い視野を身につけるための科目群です。
<授業科目>
植物生態学特論、行動生態学特論、海洋微生物学特論、地形・地質学特論、森林管理学特論、生物有機化学特論、土壌学特論、局地気象学特論

資源循環科目群

適正な廃棄物の資源リサイクルをマネジメントできる、あるいは、新エネルギーを活用した地域活性化の実現に貢献できる力を身につけるための科目群です。
<授業科目>
廃棄物政策学特論、廃棄物工学特論、衛生工学特論、自然エネルギー特論、温暖化対策エネルギー技術特論、バイオマスエネルギー特論、環境分析化学持論、水環境技術特論

人間環境科目群

地域づくりに関わる活動をコーディネートできる、あるいは、地域の風土や環境に適した安心・安全で快適な生活環境を創造できる力を身につけるための科目群です。
<授業科目>
景観プラニング、歴史遺産保全特論、都市地理学特論、都市計画学特論、居住安全学特論、生活デザイン特論

学位

修士(環境学)

進路イメージ

  • 自治体における環境政策や環境アセスメントの担当者
  • 企業における環境マネジメントの立案や実施担当者
  • 地域行政におけるリサイクルシステムの設計や実施に関わる担当者
  • 再生可能エネルギーの導入に関わるコーディネーター
  • 環境保護や地域づくりに関わるNPO法人の職員

カリキュラム

環境学専攻

科目
区分
授業科目の名称 配当年次 単位数
環∧
境研
経究
営科
科共
目通
群∨
持続性学特論
地域計画学特論
人間環境システム論
環境経済特論
環境評価特論
環境経営特論
共生経営特論

1







植物生態学特論
行動生態学特論
海洋微生物学特論
地形・地質学特論
森林管理学特論
生物有機化学特論
土壌学特論
局地気象学特論






廃棄物政策学特論
廃棄物工学特論
衛生工学特論
自然エネルギー特論
温暖化対策エネルギー技術特論
バイオマスエネルギー特論
環境分析化学特論
水環境技術特論






景観プラニング
歴史遺産保全特論
都市地理学特論
都市計画学特論
居住安全学特論
生活デザイン特論

 

特別演習
特別研究

※必修科目8単位(特別演習および特別研究)、選択科目から22単位以上(環境経営科目群から4単位以上を含む。)履修し、30単位以上取得すること。

Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.