「とっとり茅葺民家維持再生調査報告会」を開催します

「とっとり茅葺民家維持再生調査報告会」を開催します

このページをプリントする

県東部地域の茅葺民家の現況について理解を深め、農村景観を織りなす茅葺民家の保全を図るとともに、地域における今後のむらづくりの取り組みのきっかけと することを目的に鳥取県が茅葺民家の調査を行い、本学環境デザイン学科がその調査業務を委託されました。その調査結果報告を下記の通り開催します。

 

とっとり茅葺民家維持再生調査報告会

1 日時 平成18年3月11日(土)  10:00~12:00
2 場所 鳥取県立図書館2階 大研修室  (鳥取市尚徳町101)
3 内容 1)講演   「茅葺民家の暮らしと保全の意義」
鳥取環境大学環境デザイン学科 特任講師 澤 良雄
 

2)調査報告「東部地域の茅葺民家の現状と集落」
鳥取環境大学大学院環境デザイン領域  馬場 智子
・茅葺民家の現況 (棟数、外観状況、居住の状況、所有者の考え)
・早急な保全及び活用が望まれる茅葺民家
・良好な集落景観を形成する集落
・茅葺民家の保全・活用の課題

  3)報告   「むらづくりへの活用と民間による保全活動の方向」
鳥取県生活環境部景観まちづくり課  担当者
・早急な保全及び活用が望まれる茅葺民家(市町村交付金の活用)
・むらづくりの立ち上がり支援(むらづくり座談会)
・民間による保全活動 (茅場調査、茅刈りボランティア、空家情報提供)
  4)質疑・意見交換
4 定員 100名(事前申込み不要)
5 主催 鳥取県 ・ 鳥取環境大学環境デザイン学科
  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.