パネル展示「鳥取県の名水」

パネル展示「鳥取県の名水」

このページをプリントする

パネル展示「鳥取県の名水」

地域の環境の良さは、水と密接な関係にあります。また、水への関心の深さは、当該地域における環境保全と歴史の保存・継承の面でも大きな役割を果たします。このような観点から、鳥取環境大学では2003年後期から学生によるプロジェクト研究「鳥取県・名水地図の作成」を開始し、2004年度には鳥取 県環境学術研究補助を得て、県下全域における「誰でも汲め、飲むことの出来る」親水性のある水場48ヶ所を見出しました。

今回の展示では、得られた名水地図とともに、48ヶ所のデータシートを示し、希望者には会場で「名水地図」を配布します。

また、会場では鳥取県東部・中部・西部の名水試飲コーナーを設けます。
氷山名水(若桜町)・白山名水(倉吉市)・天の真名井湧水(淀江町)

期 間:2006年8月25日(金)~同年8月31日(木)10時~18時  月曜休館
場 所:中電ふれあいホール(鳥取市新品治町1番地2 中国電力(株)鳥取支社内)
展示物:A1パネル、16枚

 

<お問い合わせ先>
〒689-1111 鳥取市若葉台北1-1鳥取環境大学 
環境デザイン学科 教授・十倉 毅 
TEL/FAX 0857-38-6772(直通)

  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.