第3回環大コンペ開催、5企画入賞!

第3回環大コンペ開催、5企画入賞!

このページをプリントする

環大コンペとは??

2004年度より始まり、大学生活の向上あるいは地域社会へ貢献する、優れた企画を実施する学生団体に「鳥取環境大学を支援する会」より賞金を贈呈する企画です。

 

『第3回環大コンペ』には、10団体13企画の申込があり、主催者「鳥取環境大学を支援する会」の第二次面接審査の結果、以下のとおり、4団体5企画が入賞し、11月15日の贈呈式にて、支援する会より賞金計40万円が贈呈されました。
「鳥取環境大学を支援する会」の皆様には心より御礼申し上げます。


右は受賞団体のみなさんと「鳥取環境大学を支援する会」の方々
第3回環大コンペ1



授賞式の様子

第1位 学生ISO委員会
 
第2位 中山間地域応援隊MAB
第3回環大コンペ2   第3回環大コンペ3

 

◆◇◆◇環大コンペ結果◇◆◇◆

第1位 賞金20万円

企画名: 「日本列島を軽くしよう!」
団体名: 学生ISO委員会(代表者:足立雄平  他、計:10名)
主旨・目的: 環境大学の学生・教職員及び、全国各地の環境団体が「同日同時刻」に各地域で清掃活動を行い、正午ちょうどに拾ったゴミを持って一斉にジャンプすることで、清掃活動に一体感を持ち、今後の環境活動の活性化・意識向上のきっかけ、並びに環境団体同士の繋がり作りに寄与する。

 

第2位 賞金10万円

企画名: 「野菜のことならMAB(マブ)」
団体名: 中山間地域応援隊MAB(代表者:近藤侑子  他、計:7名)
主旨・目的: ①農家の所得向上、②地産地消の流通チャンネル、③街の活性化 を目的とする、学生による産直市。

 

第3位 賞金5万円

企画名: 「10代の組み込みシステム開発体験教室」
団体名: マイコンカーラリー部(鷲見研究室後援)(代表者:坪内康恵 他、計:12名)
主旨・目的: 鳥取県産業の中心となっている電気電子・機械産業の、簡易な組み込み系ソフトウェアを10代参加者に体験・体感してもらうことを通し、「悩む」ではなく「考える」へ意識を変化させることを1番の目的とする。

 

第4位 賞金2万5千円

企画名: 「環境サミット『次代』」
団体名: 次世代会議(代表者:稲見唯睦  他、計:6名)
主旨・目的: 「持続可能な社会に向け、私たちは次の世代、時代に何を残すのか?」をテーマに有識者、市長、市民、学生がそれぞれの視点から話し合うこと、また講演会を実施することにより、10年先の地域社会、私たちのあり方を考えるきっかけをつかむ。

 

第5位 賞金2万5千円

企画名: 「ラジコンヘリコプターシミュレーション体験教室」
団体名: JAVA研究会(鷲見研究室後援)(代表者:坪内淳美 他、計:13名)
主旨・目的: 小中学生を対象に、①ヘリコプターの仕組みの理解、②コンピュータシミュレーションでの操縦体験、③実機でマスターする体験 を通し、「仮想」と「現実」のギャップの理解をはかることを目的とする。
  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.