平成21年度 鳥取環境大学 特別企画シンポジウムを開催します!

平成21年度 鳥取環境大学 特別企画シンポジウムを開催します!

このページをプリントする
平成21年度 鳥取環境大学 特別企画シンポジウム

「低炭素社会の実現に向けて」
~廃棄物処理におけるエネルギー回収~

一 般廃棄物あるいは産業廃棄物処理の最前線においては、従来からの「適正処理」に加えて「温暖化防止・低炭素社会実現」の具体的な取組みが始まっています。 今回は廃棄物処理における低炭素社会実現のための廃棄物行政の施策や技術を紹介することを目的に、環境省の一般廃棄物あるいは産業廃棄物の処理施設におけ る温暖温暖化対策に向けた焼却施設の改造における課題と解決策などを紹介します。今まで「発電は規模的に無理」と諦めていたケースでも、手軽に発電システ ムを導入できて投資回収期間も短いという最新技術紹介も含まれています。最後にパネラーの人を交えて、これからの低炭素社会の実現に向けた取り組みについ て議論したいと思います。

プログラム
1. 基調講演「低炭素社会の実現に向けて」
鳥取環境大学サステイナビリティ研究所 所長 田中 勝
2. 政策解説「二酸化炭素排出抑制対策事業等補助金」について
環境省廃棄物リサイクル対策部産業廃棄物課 課長 坂川 勉
3. 技術解説「廃棄物発電システムの最適化」
KEE環境サービス㈱ 代表取締役 守岡 修一
4. 技術解説「産業廃棄物処理施設における発電装置導入事例」
(社)日本産業機械工業会 国際環境技術協力センター 幹事長 河上 勇
5. 技術解説「温暖化対策に向けた焼却施設の改造
(財)日本環境衛生センター 常務理事 藤吉 秀昭
6. パネルディスカッション「廃棄物処理施設における温暖化対策の今後の展開」
座長:田中 勝、パネラー:上記講演者


東京会場
日 時 平成21 年11 月16 日(月)13:30~16:30
場 所 大手町サンケイプラザ 3F 301 号室(東京駅 丸の内北口より徒歩7 分、
  各線大手町駅下車A4・E1 出口 直結)
   
大阪会場
日 時 平成21 年11 月17 日(火)13:30~16:30
場 所 経営支援プラザUMEDA(大阪駅前第3 ビル 19 階)
  (JR 大阪駅から徒歩5 分/阪急梅田駅から徒歩5 分)
   
両会場共通
定 員 100 名(定員になり次第締め切ります)
参加費 会 員 ¥ 5,000(廃棄物資源循環学会、有害・医療廃棄物研究会)


非会員 ¥10,000


自治体職員 ¥ 5,000


学 生 ¥ 3,000
 
※ 参加費は事前のお振り込みをお願いいたします。


お申し込みは以下の参加申し込み用紙をダウンロードし、メールまたはFAXにて下記までお申し込みください。


〒700-8530 岡山県岡山市北区津島中1-1-1 岡山大インキュベータ202
TEL/FAX 086-239-5303 メール:ri81swme@cc.okayama-u.ac.jp
株式会社廃棄物工学研究所 シンポジウム事務局担当 藤井
  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.