鳥取環境大学「海ごみ研究プロジェクト」平成21年度研究報告書を発行しました

鳥取環境大学「海ごみ研究プロジェクト」平成21年度研究報告書を発行しました

このページをプリントする

鳥取環境大学では、平成21年度から3年間にわたり環境省の補助を受け、 「日本海に面した海岸における海ごみの発生抑制と回収処理の促進に関する研究」に取り組んでいます。 そしてこの度、平成21年度の研究成果をまとめた研究報告書を作成致しました。
平成21年度環境省「循環型社会形成推進研究事業」

 



鳥取環境大学「海ごみ研究プロジェクト」平成21年度研究報告書(PDF版)
(全文:サイズ:19.1MB)

目次
第1章 研究の概要(PDFファイル サイズ:461KB)
第2章 発生源調査(PDFファイル サイズ:1.62MB)
第3章 発生実態調査(PDFファイル サイズ:3.38MB)
第4章 発生抑制のための普及啓発(PDFファイル サイズ:3.50MB)
第5章 回収処理システムの検討(PDFファイル サイズ:2.03MB)
関連資料(全文:PDFファイル サイズ:10MB)
1.普及啓発用教材「eラーニング」のスライド
(PDFファイル サイズ:8.85MB)
2.韓国より入手した関連資料(鳥取環境大学による仮訳)
(PDFファイル サイズ:1.59MB)



海ごみ研究プロジェクト
 

※サステイナビリティ研究所「ごみ・産業廃棄物研究室」で行われているこの研究する、概要・研究活動などは
こちらからご覧ください(研究所のページへジャンプします)

 


アドビ社のHPへ   PDFファイルをご覧いただくには,「Adobe Reader」が必要です。インストールされていない場合はAdobe社のホームページからダウンロードしてご利用ください。
  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.