能海寛生誕150周年記念国際シンポジウムのお知らせ

能海寛生誕150周年記念国際シンポジウムのお知らせ

このページをプリントする
今年は明治150年にあたる年ですが、山陰出身のチベット仏教求法僧、能海寛(のうみ・ゆたか)の生誕150周年でもあります。明治維新直前に島根県浜田市の浄蓮寺で生まれた能海は、神仏分離から廃仏毀釈に至る尊王の時代にあって、衰退しゆく仏教の改革を進めようとしました。漢語の仏典に誤りや省略が少なくないことを知った能海は、散失した古代インド仏典の直訳版としてチベット語訳経典を評価し、入蔵熱(チベット潜入願望)を高めていき、ラサ一番乗りをめざします。しかし3回にわたる挑戦もむなしく、明治34年(1901)、中国雲南省の奥地で消息を絶ってしまいました。本シンポジウムは、「新仏教(宇内一統宗教)」を提唱した能海の業績を現代的視点から再検討しようとするものです。雲南民族大学(中国)の何大勇教授、フランス国籍でチベット文献史学の世界的権威、今枝由郎教授等を招聘して、明治維新の歴史的意義と能海寛の思想を絡めつつ批評しようと考えています。

雲南に消えたチベット仏教求法僧 - 能海寛の風景と思想 -

 

日時・会場

日時: 12月1日(土)13時~17時
会場: 公立鳥取環境大学 学生センター多目的ホール

運営組織

主催: 公立鳥取環境大学
共催: 能海寛研究会
後援: 中村元記念館・鳥取県教育委員会・鳥取市教育委員会
※本イベントは、仏教史研究の取り組みとして公立鳥取環境大学が主催しておこなうもので、宗教活動とは一切関係ありません。

次第

12:30 開場
13:00 開会の辞
趣旨説明 眞田 廣幸(公立鳥取環境大学非常勤講師)
13:10 第一部 能海寛の風景
1.基調報告 岡崎 秀紀(能海寛研究会会長)30分
「山陰から世界へ-能海寛と河口慧海の時代-」
2.招聘講演 何 大勇(中国 雲南民族大学教授)60分
「チベットをめざして-能海寛の歩いた四川と雲南-」
14:40 <ティーブレイク&スライドショー>
15:00 第二部 能海寛の思想
3.浅川 滋男・森 彩夏(公立鳥取環境大学)60分
「能海寛を読む-世界に於ける仏教徒-」
4.講評と質疑 60分
[講評] 今枝 由郎(京大こころの未来研究センター特任教授)
17:00 閉会の辞

お問い合わせ先

事務局: 公立鳥取環境大学保存修復スタジオ(鳥取市若葉台北一丁目1番地1)
FAX:0857-38-6775 電話(代表)38-6700 E-mail:hozonshufuk@kankyo-u.ac.jp
*参加希望者は極力メールまたはファックスでご連絡ください。

関連リンク先

能海寛生誕150周年記念国際シンポジウム(予報2)(浅川研究室ブログ)

能海寛生誕150周年記念国際シンポジウム(予報3)(浅川研究室ブログ)

能海寛生誕150周年記念国際シンポジウムのお知らせ(鳥取県教委文化財課HP)

 

 

イベントの詳細はチラシを参照してください。

※画像をクリックするとチラシをダウンロードできます。

チラシチラシ
  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.