• 環境学部環境学科
  • 経営学部経営学科
  • 大学院 環境情報学研究科

第3回ビブリオバトルin鳥取を開催しました。

このページをプリントする

【日 時】 2014年7月27日(日)13時30分~17時

【場 所】 ギャラリーそら(鳥取市栄町サンロード)

【担 当】 地域イノベ-ション研究センター 高井亨 

【参加者】  鳥取環境大学学生17名、担当教員1名及び一般参加者18名(計36名)

【概 要】

7月27日(日)、鳥取市栄町「ギャラリーそら」にて第3回ビブリオバトルin鳥取を開催しました。今回の紹介者は、プロジェクト研究1・3「ビブリオバトルin鳥取」を受講している1、2年生13名と過去のビブリオバトルin鳥取に紹介者として登場した学生4名の計17名でした。 17名を3つのセッションに分け、セッションごとにチャンプ本(聴衆が最も読みたいと思った本)を選出しました。選出の方法は一人一票による多数決です。


【当日のセッションと紹介書籍一覧】


セッション1「永遠のトップバッター脇田が勝てる日は来るのか?」

書 籍 紹介者
1.銀河英雄伝説/田中芳樹 脇田幸弘(経営1年、岐阜県のどちらかといえば都会出身)
2.桃組プラス戦記/左近堂絵里 石川佳奈(環境1年、山形県庄内地方出身)
3.やはり俺の青春ラブコメはまちがっている/渡航 白築駿(環境1年、島根県出雲出身)
4.ねこ弁 弁護士・寧々と小雪の事件簿/大門剛明 水田梨乃(環境1年、鳥取県鳥取市出身)
5.清須会議/三谷幸喜 小倉亮*(環境2年・昨年前期履修生、兵庫県北西部出身)
6.面白南極料理人/西村淳 須永千波(経営1年、沖縄県宮古島出身)



セッション2「All You Need Is BiblioBattle」

書 籍 紹介者
1.思い出のマーニー/ジョーン・ロビンソン 下萩健人*(環境2年、鹿児島県屋久島出身)
2.All You Need Is Kill/桜坂洋 酒井隆成(環境1年、兵庫県丹波出身)
3.パズル/山田悠介 谷川良輝(経営2年、広島県瀬戸内出身)
4.男と女の進化論
〜すべては勘違いから始まった〜/竹内久美子
細野玲奈(環境2年、兵庫県姫路出身)
5.そして生活は続く/星野源 河野花映(経営1年、兵庫県姫路出身)
6.パン屋のくまちゃん/森山京 佐藤悠吾(経営2年・昨年前期履修生、宮崎県宮崎市出身)

 

 

セッション3「絶対女王と精鋭バトラーに純也&ASAKIが殴り込み」

書 籍 紹介者
1.他力/五木寛之 武田大二郎*(環境2年、鳥取県八頭郡出身)
2.読まず嫌い。/千野帽子 館野遊馬*(経営1年、富山県富山市出身)
3.キノの旅/時雨沢恵一 松崎純也*(環境2年・昨年後期履修生、東京都練馬区出身)
4.深夜特急1香港・マカオ/沢木耕太郎 浅木京平(環境2年・昨年前期履修生、広島県広島市出身)
5.世界一素朴な質問、宇宙一美しい答え
: 世界の第一人者100人が100の質問に答える
/ジェンマ・エルウィン・ハリス編
永田可奈絵(経営2年、長崎県大村湾のあたり出身)

 

*印は、創作研究会所属学生。創作研究会はビブリオバトルや、さまざまな創作活動をおこなうために、今年度から活動を始めた環境大学の学生サークルです。

20140727-takai4.JPG
当日風景 司会者(右手奥、左から白築君、酒井君、河野さん)

今回の司会は一年生の河野さん、酒井君、白築君でした。初の女性司会者となった河野さんと、男子学生二人という組合せ。古い言葉でいえば「ドリカム状態」です。河野さん、いかがでしたか?

 

【結果】

投票の結果各セッションで次の3冊がチャンプ本として選ばれました。

 

セッション1「永遠のトップバッター脇田が勝てる日は来るのか?」

永遠のトップバッター脇田、知的な外見とは裏腹に実はギャグ漫画が好きな石川、出雲出身で雅な雰囲気の白築、無類のエグザイル好き水田、宮古島から鳥取に送り込まれた優等生須永、そして第1回ビブリオバトルにてチャンプ本を獲得した経験もある創作研究会からの刺客・小倉が戦いを繰り広げた。
結果、戦国武将「丹羽長秀」の魅力を切々と説いた小倉による「清須会議」を、南極での生活の珍事をユーモラスに紹介した優等生須永による「南極面白料理人」が1票差で交わしチャンプ本に。須永は学内大会にて一度チャンプ本を獲得しておりこれが二度目のチャンプ本獲得となった。

 

20140727-takai1.JPG

チャンプ本「面白南極料理人」
紹介者:須永千波(経営1年)


須永君によるコメント:

みなさんのおかげで受賞できました。ありがとうございました。

須永君  

 

セッション2「「All You Need Is BiblioBattle」」

屋久島からやってきた生真面目な青年下萩、キャプテン翼のキャラクターと見紛う容姿の酒井、起業を志し、山田悠介を愛してやまない谷川、見た目は今時の20歳、これまでの読書冊数はほとんど0、仕事はしっかり、の細野、どこか鋭い視点のおしゃれさん河野、そして昨年度ビブリオバトルin鳥取で会場を沸かせた佐藤が再び登場。
結果、「クマの英才教育」を受けていたという佐藤が、その英才教育の成果を如何なく発揮し様々なクマを演じ「パンやのくまちゃん」になりきるなどしたが、酒井による理性的な「All You Need Is Kill」の紹介の前に敗れ去った。酒井はこれまで学内大会で2度チャンプ本を獲得しており今回が3度目となった。ちなみに、次点はこれまで山田悠介作品を押し続けてきた谷川の「パズル」と細野の「男と女の進化論」であった。細野は読書をしないにもかかわらず過去2回次点となっており今回が3度目であった。仕事はしっかり、の一面が現れた結果であろうか。

20140727-takai2.JPG

チャンプ本「All You Need Is Kill」
紹介者:酒井隆成(環境1年)


酒井君によるコメント:

今までのビブリオバトルはすべて小説と、正統派でやってきたんですけど、最後にマンガですごい不安やったんですけど、ありがとうございました。

注2:酒井は今回のビブリオバトルのポスターの制作を担当した。  

 

セッション3「絶対女王と精鋭バトラーに純也&ASAKIが殴り込み」

今年度の学内ビブリオバトルにてチャンプ本獲得経験のある紹介者が3名登場した。チャンプ本3回連続獲得の絶対女王永田、最近朝に弱いのが治ったというチャンプ本1回獲得の武田、古典書の読破を目指している読書家で、チャンプ本2回獲得の館野といった面々に対して、その鼻を圧し折ってやると意気込んで、昨年度履修生であり創作研究会会長でもある日本三大純也の一人「松崎純也」、そしてこれまた昨年度履修生であり、最近では遠方でのビブリオバトルにも参戦し実力をつけている、その名に濁点は一切入らない「浅木京平」が戦いを挑んだ。
各自が、読み込みの深さや、話芸の巧みさといった、それぞれの持ち味をいかんなく発揮し、今回最も熱いバトルが繰り広げられた。松崎が昨日の靴下=昨日の足袋(きのうのたび)を履いて「キノの旅」を紹介するという、女子受けが最悪のネタを仕込んで会場を沸かせたものの、結果は絶対女王永田の「足下」にも及ばなかった。靴下も替えないような男はNo Thank You!というメッセージであろうか。ちなみに次点は武田の紹介した「他力」であった。困難な時代を生きる我々へのメッセージだそうである。

20140727-takai3.JPG

チャンプ本「世界一素朴な質問、宇宙一美しい答え: 世界の第一人者100人が100の質問に答える」
紹介者:永田可奈絵(経営2年)


永田さんによるコメント:

すみません。4連覇ありがとうございます。ここに来る前までは自信があったんですけど、(他の紹介者の発表を)聴いてて、すっごい自信なくなってて、ちょっとうれしいです。ありがとうございます。

永田さん  

 

【全体講評】

今年度前期はビブリオバトルを既に知っていた学生が受講生として多く集まるなど、読書家がそろっていました。学内で行った3回の大会ではマンガの紹介がいっさいないなど、これまでのビブリオバトルとは雰囲気がだいぶ変わったことも印象的でした。
ギャラリーそらでおこなうビブリオバトルはこれで3回目となり、回を重ねるごとに紹介者のレベルは高くなっていると感じます。今後も学生たちのバトルから目を離せません。
来場の皆様から頂いたアンケート結果、すべての回答者から「今後もビブリオバトルを観戦したい」とのご回答をいただきました。

20140727-takai5.JPG
当日会場風景 バトラ-達と関係者一同

 

【ご案内】

当日は会場周辺にて多数の魅力的イベントが催されている中、ビブリオバトルへ足をお運びくださったみなさまに心より感謝いたします。今後もビブリオバトルin鳥取は、ギャラリーそらにて開催予定です。
今後の日程については、環境大学地域イノベーション研究センターHPにてお知らせいたします。

(高井亨)

Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.