• 環境学部環境学科
  • 経営学部経営学科
  • 大学院 環境情報学研究科
「大学生観光まちづくりコンテスト 2014」ポスタ-セッション最優秀賞受賞!

「大学生観光まちづくりコンテスト 2014」ポスタ-セッション最優秀賞受賞!

このページをプリントする

【参加大会名】大学生観光まちづくりコンテスト2014 

【日 時】 2014年9月11日(木)

【場 所】 大阪府咲洲庁舎2階咲洲ホール

【参加学生】
Team TUES
経営学部 3年 田中裕太、中口 凌、 大川彩子、
小椋咲奈、 武本さおり
【担当教員】
地域イノベーション研究センター
准教授 倉持 裕彌, 准教授 新名 阿津子
経営学部 准教授 新井 直樹

【主 催】 大学生観光まちづくりコンテスト 運営協議会

【後 援】 観光庁・文部科学省・総務省・経済産業省

20140911-kuramochi2.jpg

【概 要】

「観光まちづくりコンテスト2014」は全国の大学生が観光まちづくりプランを競い合うコンテストです。本学から5名の学生が参加しました。 今回エントリ-したのは、「西日本ステ-ジ/対象地域:大阪府全域/テ-マ:訪日外国人向け観光まちづくりプラン」で、「大阪城」を軸とした観光プランを作成しました。テーマは、Go to「大阪城」~防災を考える 観光まちづくり~で、過去の起こった災害から復興し発展してきた大阪の歴史・文化をセットにし、大阪城を一般的なイメ-ジである戦国時代の象徴ではなく、「安全の象徴」といった新しい視点て捉え、まちづくりプランを考案しました。
書類審査の結果、ポスタ-セッションへの参加が決まり、最終会場の大阪咲洲庁舎2階咲洲ホールにてポスタ-セッションを行いました。スーツ姿での発表が多い中、おそろいの環境大学Tシャツに手づくりのプレ-トや田中君のヘルメット姿で、観客に分かりやすく見やすいを信条に発表を行いました。観客たちの投票の結果、みごと最優秀に輝きました!!
感想
田中君:みなさんのおかげです。めったにない機会で有意義な夏休みでした。
中口君:夏休み中に努力してきた結果が実ってよかったです。パフォーマンスがきいたなと思いました。内容はわかりやすくまとめることに注意しました。
小椋さん:お客様にきてもらえるような見せ方に気をつけました。同じ年でこんなに力の差を痛感しました。
大川さん: 本番の発表は緊張したけど、できることは精一杯やりきれたので、最終的に良い結果を残すことができたと思います。また、他大学さんの迫力ある発表を見ることができて、良い刺激をもらえたので、自分の今後の活動にも活かせていけたらなと思います。

今回の成果、発表内容及び他大学の発表などの報告会を開く予定です。詳細は後日ご連絡いたします。

20140911-kuramochi1.jpg
ポスタ-発表したメンバ-  GO TO OSJ(大阪城)!!
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.