環境部が海ごみ劇を上演!!

このページをプリントする

2011年11月6日(日)リファーレンいなばで開催された「エコフェスタin2011-みんなでエコライフを楽しもう!-」の1コーナーにて、本学環境部が海ごみの問題を子供たちに伝える普及啓発のために、海ごみ劇を上演しました。30分間(12時05分~12時35分)の長い劇にも関わらず、多くの子供たちが、笑ったり驚いたりし、目を輝かせながら劇を鑑賞してくれました。

 

海ごみ劇(1)

劇に関するアンケートの結果には「海ごみの事がよく分かりました」、「ごみを捨てないです」といった普及啓発本来の効果が見られたり、「おもしろかったです」、「楽しかった」といった劇そのものを評価する感想もありました。

海ごみ劇(2)

 

海ごみ劇について

本学では、2009年から海岸等(特に、西日本の日本海沿岸)に漂着する海ごみ問題の研究に取り組んでおり、研究の柱の1つに「発生抑制のための普及啓発」があります。その中で、子供たちへの普及啓発活動のため、本学環境部が、昔話の浦島太郎を海ごみ問題と絡めてアレンジした、海ごみ劇(現代版浦島英郎)を小学校等で行って来ました。

 

この記事をご覧になって、子供たち(小学校低学年向け)へ海ごみ劇を見せたいとお考えの小学校関係者等の方がいらっしゃいましたら、ぜひ本学にお問い合わせください。海ごみ劇を貴校等に出張し上映いたします。

問い合わせ先
鳥取環境大学 企画広報課
電話番号:0857-38-6704
FAX:0857-38-6709
メールアドレス:kikaku@kankyo-u.ac.jp

サステイナビリティ研究所
  • 鳥取県地球温暖化防止活動推進センター(TCCCA)
  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.