進行中「海ごみ研究プロジェクト」海ごみ持ち帰り・回収制度策定のための社会実験を行いました

進行中「海ごみ研究プロジェクト」海ごみ持ち帰り・回収制度策定のための社会実験を行いました

このページをプリントする

境港市、鳥取県漁業協同組合境港支所にご協力いただき、漁業活動中に網にかかった海ごみを港へ持ち帰り、適正に処理するための道筋を提示するために社会実験を行いました(12月13日から12月29日まで)。海ごみとして多くの軟質プラスチック類、ゴム類、飲料用ペットボトルや缶類が回収されています。

 

 回収された海ごみ

回収された海ごみ(3日分) ゴム製品類

 

 ペットボトル

ペットボトル 飲料用缶類

 

今後は関係者へのヒアリングやアンケートを通して、回収したごみを持ち帰る際の問題点や回収制度制定のための課題の抽出を行う予定です。

サステイナビリティ研究所
  • 鳥取県地球温暖化防止活動推進センター(TCCCA)
  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.