「芦津渓谷におけるニホンモモンガを中心とした小型鳥獣類の生態の研究」報告書

「芦津渓谷におけるニホンモモンガを中心とした小型鳥獣類の生態の研究」報告書

このページをプリントする
自然の保全につながる日本モモンガをシンボルにした地域活性化の試み

(調査担当者:環境学部環境学科 教授 小林 朋道)

研究課題

鳥取県地図町芦津におけるニホンモモンガを中心とした小型哺乳類の生態調査およびそれに基づいた森林計画と地域振興に関する提案

「芦津渓谷におけるニホンモモンガを中心とした小型鳥獣類の生態の研究 」報告書
数種鳥獣による営巣場所の高さの棲み分けと巣材 (PDF:744KB)
<鳥取県立博物館研究報告 Bulletin of the Tottori Prefectural Museum 48:95-101、March 30 2011)>
   
ニホンモモンガの出産時期、産仔数、体重、移動 (PDF:427KB)
<自然環境科学研究 Vol.25,15-22(2012年)>
   
ニホンモモンガの巣材嗜好性とその生物学的意義 (PDF:210KB)
<自然環境科学研究 Vol.25,23-28(2012年)>
   
ニホンモモンガの巣内同居の誘発要因 (PDF:503KB)
<鳥取県立博物館研究報告 Bulletin of the Tottori Prefectural Museum 50: - >
   

acrobat reader   PDFファイルをご覧いただくには,「Adobe Acrobat Reader」が必要です。 インストールされていない場合はAdobe社のホームページからダウンロードしてご利用ください。
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.