環境マネジメント学科 田中教授が「平成20年度廃棄物資源循環学会賞 大賞」を受賞

環境マネジメント学科 田中教授が「平成20年度廃棄物資源循環学会賞 大賞」を受賞

このページをプリントする
最終更新日:2009-07-06

平成21年5月25日 本学環境マネジメント学科 田中教授が「平成20年度廃棄物資源循環学会賞 大賞」を受賞しました。
廃棄物学会(平成21 年度より廃棄物資源循環学会)は、田中教授が国立公衆衛生院に在職時代に自身の研究室で準備し立ち上げ、1990年に創設しました。創設当初から、理事、 副会長を歴任、2000年から2002年まで会長を務めるなど、廃棄物資源循環学会の進歩・発展に大きく貢献してきました。このたびは、学会設立から現在 に至るまでの顕著な功績が称えられ、受賞に至りました。
田中教授は、私たちの生活や産業活動から発生する廃棄物問題の解決目指して、資源を大切 に、環境を大切にする循環型社会の構築について国立公衆衛生院、岡山大学、鳥取環境大学で教育や研究に従事してきました。現在は環境省の中央環境審議会廃 棄物・リサイクル部会長を務めるなど、廃棄物の3R促進や適正処理の確保のために、法や制度の見直しを行っています。

田中教授「平成20年度廃棄物資源循環学会賞 大賞」受賞

  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.