共催セミナー「内部監査と内部統制」を開催しました

共催セミナー「内部監査と内部統制」を開催しました

このページをプリントする
最終更新日:2009-10-26

10月22日(木) 金融庁所管の社団法人日本内部監査協会との共催により、企業や団体の内部監査をテーマとしたセミナー「内部監査と内部統制」を開催しました。同協会では、中国地区における内部監査の普及・啓発活動の強化を図っており、今回は同協会が鳥取県内で開催する初のセミナーとなりました。
セ ミナーでは、情報システム監査株式会社参与で本学非常勤講師の安本哲之助氏が「情報システム監査の重要性と課題」について、前・社団法人日本能率協会地球 温暖化対策支援室検証審査部長の中川哲央氏が「温室効果ガス排出量の把握と内部監査」について、山陰合同銀行監査部副部長の山坂良平氏が「山陰合同銀行に おける内部統制と内部監査」について講義しました。
参加者は、中国地区のみならず、関西、関東など全国からお集まりいただいた企業・団体の監査部門関係者65名。組織全体のリスク管理や内部統制システムにおける内部監査の重要性を学び、内部監査が経営の最重要課題の一つとして取り組むべき問題であること確認しました。

共催セミナー「内部監査と内部統制」

  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.