キーワードは「エコ、省エネ、コストダウン」 今年もNIKKOフェアに参加しました

キーワードは「エコ、省エネ、コストダウン」 今年もNIKKOフェアに参加しました

このページをプリントする
最終更新日:2010-02-09

平成22年2月4、5日 環境に配慮したエコ商品やエネルギー消費量を抑えた省エネ商品の販売・サービスを提供している事務機器商社大手・株式会社日興商会(本社:兵庫県尼崎市)が主催する「第44回NIKKOフェア」に、本学は今年も出展参加しました。全国有数の電機・事務機器、文房具等のメーカー各社が最新のエコ商品や省エネ商品を発表・展示する賑わいの中、同社の藤縄社長様が鳥取県出身というご縁から今年も「メイドイン鳥取」コーナーに出展
昨夏に創設した「鳥取環境大学サステイナビリティ研究所」の研究紹介や、“手のひらサイズの生態系”と銘打った「ミニ地球」を展示。手のひらに載る透明な球体の半分に、砂利や腐葉土、草やコケを用いて「地上」を作成。その中に水分を加えてもう一方の球体をかぶせて密閉すると「ミニ地球」の完成。2~3時間後には、球体上部に霧状の露(=雲)が発生し、来場された方々は興味深く学生の説明に耳を傾けてくださいました。さらには、本学発「ミニ地球」発売の話も…!?参加した学生達は、疲れを忘れているかのように来場者の方々とのコミュニケーションを楽しみ、充実感を満喫しました。

2009年度NIKKOフェア

 

  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.