大学院の修士学位審査・論文(作品)発表会を実施しました

大学院の修士学位審査・論文(作品)発表会を実施しました

このページをプリントする
最終更新日:2010-02-24

平成22年2月18日(木) 大学院の修士学位審査・論文(作品)発表会を実施しました。発表会では社会環境学領域3名、環境デザイン領域2名、情報システム領域2名がそれぞれの研究成果を発表し、修士学位の審査を受けました。
社会環境学領域の柴田さんは外来種問題について、日本とニュージーランドを比較研究し、日本の外来種対策に対する政策の提案を行いました。卒業後も研究を続け、外来種問題の改善に取り組んでいくと話していました。
【社会環境学領域】
① 外来種問題に対する2つのアプローチ
(日本とニュージーランドの地方自治体レベルの管理に焦点を当てて)
② 中山間地域維持・保全の方策に関する研究
(地域外部との連携・協働の可能性についての一考察)
③ イノシシ被害の現状と食肉利用の可能性
(鳥取県での資源化を目指して)
【環境デザイン領域】
① 仁淀川プロムナード
(ゆるやかな自然とともに奏でるくらし)
② URADOME STEPS
(An offering to the Geo-park)
【情報システム領域】
① 自動車運転における無意識・無制御状態検出に関する基礎研究
② 講義ビデオにおけるキーワードを用いたシーン検索システムの研究

大学院の修士学位審査・論文(作品)発表会

  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.