海ごみ発生源調査。八東川クリーン作戦に参加!

海ごみ発生源調査。八東川クリーン作戦に参加!

このページをプリントする
最終更新日:2010-04-19

4月18日(日) NPO法人八東川清流クラブ主催で開催されました八東川(鳥取県南東部を流れる一級河川)の清掃活動「八東川クリーン作戦」に、日本海 に面した海岸における海ごみ発生抑制と回収処理の促進に関する研究に取り組む研究チームが海ごみ発生源調査の一環として、また本学環境マネジメント学科の 特別講義として学生8名が参加しました。
同NPO法人中村理事長は開会の挨拶で、「清掃活動を行い地域に流れる川をみんなの手できれいにすることが重要。また、それだけでなく、川にごみを捨てないようにしていくことがもっと重要」と話し、昨年12月に設置されたごみ捨て防止看板を紹介されました。
当日は、地域住民、本学研究チームの他、本学古澤学長も参加し、参加者は約80名におよび、約1時間の清掃活動の後、地域の方からおにぎりと山菜汁が振舞われ、地域交流を深めました。
午後から、本学研究チームと学生は、地域住民の協力の下、集めたごみを分別し、海ごみ発生源の分析調査を行いました。

八東川クリーン作戦

  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.