八頭町の環境共生まちづくりに貢献!学校給食車がバイオ燃料で運行開始!

八頭町の環境共生まちづくりに貢献!学校給食車がバイオ燃料で運行開始!

このページをプリントする
最終更新日:2010-05-12

平成22年5月11日 八頭町郡家学校給食共同調理場で、学校給食車バイオディーゼル燃料運行開始式典が行われました。本学は、昨年8月に八頭町(鳥取県)と循環型地域の形成、地域の活性化に向けた取り組みを相互に連携・協力して進める協定を締結し、「中山間地域(八頭町)の環境共生まちづくりと地域活 性化に関する研究」に取り組んでいます。その一環として、循環型地域をめざし、八頭町内の学校給食調理場から出る廃食用油をバイオ燃料に精製し、給食配送用車両の燃料として使用することになりました。
運行開始式典終了後、配送車両は町内各小・中学校に向け出発し、本学と八頭町が取り組む環境共生まちづくりがまた一歩、動き出しました。

学校給食車バイオディーゼル燃料運行開始式典

  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.