若葉台小学校3年生60名が来学

若葉台小学校3年生60名が来学

このページをプリントする
最終更新日:2010-07-13

平成22年7月8日 若葉台小学校3年生60名が本学を訪れました。ミニ講義、学内見学を通じて様々な「モッタイナイ」を探すのが目的です。
環境政策経営学科 衣川益弘教授のミニ講義を受け、給食を残すとモッタイナイ、冷蔵庫に物を詰め込みすぎると消費電力が増えてモッタイナイ、歯磨きする時に水の出しっぱなしはモッタイナイ等、身近な出来事を例に、様々なモッタイナイを学びました。
ミニ講義後は、太陽光発電、屋上緑化、TUES村などについて見学しながら説明を受けました。
「授業も面白かったけど、色々な「モッタイナイ」をなくす施設があって凄かった。ヤギも可愛かったです。」と、元気に答えてくれました。

若葉台小学校3年生来学1
左:「モッタイナイ」のミニ講義  右:メディアセンター内 通路を歩くと電気が点くシステムに興味津々

若葉台小学校3年生来学2
左:TUES村部・ヤギ部の活動施設 みんなでヤギを呼ぶと・・・ 右:ヤギのお出迎え  みんなで草をあげました

  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.