シンポジウム「美しい海を取り戻そうー海ごみ問題とその対応―」を開催

シンポジウム「美しい海を取り戻そうー海ごみ問題とその対応―」を開催

このページをプリントする
最終更新日:2010-07-20

平成22年7月16日 本学11講義室で、「平成22年度鳥取環境大学特別企画 海岸漂着物処理推進法制定一周年記念シンポジウム 美しい海を取り戻そうー海ごみ問題とその対応―」を開催しました。
こ のシンポジウムでは、環境省海岸漂着物対策専門家会議座長の兼廣春之先生に「海ごみの実態とその問題」と題し、基調講演をしていただきました。また、環境 省より「わが国の法制度・基本方針」と題し国の政策解説を、そして、一般社団法人JEAN、鳥取県よりそれぞれの海ごみに対する取組について解説をしてい ただき、最後に本学の海ごみに関する研究を紹介しました。
その後行われたパネルディスカッションでは、本学サステイナビリティ研究所田中勝所長が コーディネーターを務め、講演いただいた講師の方々と地元鳥取市の海ごみ担当者を交え、今後の海ごみ問題の解決に向けて議論しました。ディスカッションの 中では、行政、市民、漁業関係者、近隣国関係者などさまざまな立場の方々の連携が海ごみ問題の解決には大切であることを確認しました。
本学では、今年度中に韓国の関係者を招き、海ごみ問題に関する国際シンポジウムを開催する予定です。

シンポジウム「美しい海を取り戻そうー海ごみ問題とその対応―」

  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.