浅川研究室が摩尼寺「奥の院」を発掘調査!!

浅川研究室が摩尼寺「奥の院」を発掘調査!!

このページをプリントする
最終更新日:2010-08-10

平成22年8月、浅川研究室が鳥取市にある摩尼寺「奥の院」の発掘調査に取り組んでいます。摩尼寺は、古くより信仰の対象とされてきた摩尼山の山頂付近に 西暦834年に開創され、その後、豊臣秀吉の焼き討ちに遭い、江戸時代初期に鳥取城の鬼門にあたる現在の山裾に再建されました。
浅川研究室では、 今年2月に開催された「大山・隠岐・三徳山」シンポジウムで、密教諸山の「奥の院」で考古学的調査をおこなうべきという点が結論の一つとなったことを受 け、摩尼寺の「奥の院」の発掘調査に文部科学省の科学研究費補助金の助成を受けて取り組むこととなりました。
現在、30度を超える猛暑日の中、浅川教授と研究室の学生達が日々、汗だくになりながら発掘調査中に奮闘しています。

摩尼寺「奥の院」発掘調査
摩尼寺「奥の院」の発掘調査現場

  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.