建築・環境デザイン学科浅川研究室が、国際シンポジウム「大山・隠岐・三徳山-山岳信仰と文化的景観-」の報告書を刊行

建築・環境デザイン学科浅川研究室が、国際シンポジウム「大山・隠岐・三徳山-山岳信仰と文化的景観-」の報告書を刊行

このページをプリントする
最終更新日:2011-10-25

建築・環境デザイン学科 浅川研究室が、 平成21年度鳥取県環境学術研究費助成研究による国際シンポジウム「大山・隠岐・三徳山-山岳信仰と文化的景観-」の報告書を刊行しました。
平成22年2月に開催されたこの国際シンポジウムは、「第Ⅰ部 山陰の山岳信仰と建築遺産」、「第Ⅱ部 密教諸山と文化的景観」の2部で構成され、満員の聴衆を前に、 中国建築史学の第一人者、ヤン・ホンシュン教授による世界遺産「五台山」についての特別講演「中国五台山の仏教建築と文化的景観」などが行われました。そ のシンポジウムの詳細が手に取ってご覧になれます。
入手ご希望の方はこちらのページをご覧ください。(浅川研究室のブログページへリンクしています)

「大山・隠岐・三徳山-山岳信仰と文化的景観-」報告書

  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.