「ロシア極東地域の鳥取県サポーター育成事業訪問団」と交流しました

「ロシア極東地域の鳥取県サポーター育成事業訪問団」と交流しました

このページをプリントする
最終更新日:2012-12-21

平成24年12月19日(水) 本学と国際交流協定を締結しているウラジオストク国立経済サービス大学の学生2名を含む「ロシア極東地域鳥取県サポーター育成事業訪問団」の一行7名が本学を訪れ、交流を行いました。

一行は、極東地域の大学等から推薦を受けた日本語を話せる優秀な大学生と若手社会人で、鳥取県内の視察や文化体験、県内大学生との交流などを通じて鳥取県に対する理解を深め、将来極東地域における「鳥取県サポーター」になってもらうことを目的に、鳥取県が12月14日(金)から22日(土)の日程で招致したものです。

この日は、古澤学長ほか訪露経験のある教職員と懇談会や学内環境施設の視察を行った後、来年度開設されるロシア語の講義の受講を希望する本学の学生9名と学食で昼食会を行い、学生同士の交流を深めました。

一行は、帰国後、鳥取県の広報や鳥取県へのロシア人観光客の誘致、県内企業の対ロシア貿易促進等に対するアドバイスなど、鳥取県のサポーターとして活躍することが期待されています。

本学では、これらの交流を重ねて、今後も環日本海諸国の大学との交流を推進していきます。

20121219ロシア交流

  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.