韓国・清州大学校との学生交流事業を実施しました

韓国・清州大学校との学生交流事業を実施しました

このページをプリントする
最終更新日:2013-08-29

平成25年8月6日(火) 韓国・清州大学校の学生8名が鳥取を訪れ、本学の学生10名と4日間のプログラムを通して交流を深めました。韓国・清州大学校とは平成14年2月に教育及び研究活動の相互交流協定を締結しており、今回は6回目の学生相互交流となります。
鳥取砂丘の散策、鳥取市長表敬訪問をはじめ、鳥取環境大学にて学長表敬訪問、浴衣着付け体験、茶道体験、本学環境施設の見学、特別講義(環境学部金准教授、経営学部新井准教授)の受講など多くの体験を通じて交流を深めました。
日本でのプログラム終了後、本学学生10名は8月20日(火)から4日間、韓国・清州大学校を訪れ、日本と韓国の文化の違いについての講義、文化体験、韓国伝統音楽体験、韓国ドラマセットなどを見学しました。交流事業に参加した学生は友好関係を築き、帰国後もメールやフェイスブックなどで連絡を取り合っています。

清州大学校との交流

  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.