「ロシア極東地域の鳥取県サポーター育成事業訪問団」と交流しました

「ロシア極東地域の鳥取県サポーター育成事業訪問団」と交流しました

このページをプリントする
最終更新日:2013-12-18

平成25年12月16日(月) 本学と国際交流協定を締結しているウラジオストク国立経済サービス大学の学生を含む「ロシア極東地域鳥取県サポーター育成事業」訪問団8名が本学に訪れました。一行は、極東地域の大学等から推薦を受けた日本語が堪能で優秀な大学生と若手社会人。鳥取県内の視察や文化体験、県内大学生との交流などを通じて鳥取県に対する理解を深め、将来極東地域における「鳥取県サポーター」になってもらうことを目的に、鳥取県が12月13日(金)から21日(土)の日程で招致したものです。 本学に到着した一行は、古澤学長を表敬した後、今年度新しく本学に開設されたロシア語の授業に参加して履修学生と交流を行いました。授業では、訪問団員と履修学生が小グループに分かれてコミュニケーションを行ったり、ロシアの歌を一緒に歌ったりと、双方の国を身近に感じる充実した交流を行うとともに、履修学生にとってはロシア語会話を実践するよい機会となりました。また、授業後には引き続き学食で交流昼食会を行い、生活・文化風習等について活発な情報交換を行いました。


今回の交流で、ロシア極東地域との相互理解が深まり、より一層の交流促進が期待されます。本学では、今後も環日本海諸国の大学との交流を重ね、実質的な学術交流・学生交流への発展を目指します。


20131216_ロシア鳥取県サポーター来学

  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.