ロシア・ウラジオストク国立経済サービス大学との大学間交流プログラムを実施しました

ロシア・ウラジオストク国立経済サービス大学との大学間交流プログラムを実施しました

このページをプリントする
最終更新日:2014-11-10

本学とウラジオストク国立経済サービス大学(Vladivostok State University of Economics and Service (VSUES)、以下、「ブグエス」という。)は、2011年10月に交流促進に関する調印書に調印し、研究者交流や公式訪問団の受入れ等の交流を実施してきました。それらの交流経緯を踏まえて、実質的な学生交流へと発展させるべく大学間で協議を行った結果、2014年度から学生相互派遣型の大学間交流プログラムを開始することになりました。
今年度は、本学からブグエスへ9月16日(火)~9月23日(火)の日程で学生を派遣、ブグエスから本学へ10月14日(火)~10月21日(火)の日程で学生の受け入れを行いました。


まず、9月に本学の学生6名と教員2名がロシアを訪問し、ブグエス内の学生寮に滞在しながら、学生同士の交流を行いました。ロシア語授業をはじめ、帆船「希望」視察、ロシア料理講習会、沿海州サファリパーク視察、ロシア伝統文化体験ツアーなど、日本では得られない様々な経験をし、ロシアへの理解を深めることができました。
そして10月14日(火)~10月21日(火)には、ブグエスの学生5名と職員2名が鳥取を訪れ、本学学生と交流を行いました。鳥取県知事・鳥取市市長・本学学長への表敬訪問をはじめ、鳥取砂丘・砂の美術館・山陰ジオパークの見学、本学講義や学園祭への参加、浴衣着付けと茶道の体験、民泊体験やそば打ちなど、さまざまな体験を通じて、さらに交流を深めることができました。
交流事業に参加した両大学生は、積極的に友好関係を築いており、帰国後SNS(LINEやFacebookなど)で連絡を取り合っています。


今後も積極的に国際交流を重ね、国際的人材の育成を目指していきます。

 

ロシア・ウラジオストク国立経済サービス大学との大学間交流プログラムを実施しました ロシア・ウラジオストク国立経済サービス大学との大学間交流プログラムを実施しました

 

ロシア・ウラジオストク国立経済サービス大学との大学間交流プログラムを実施しました ロシア・ウラジオストク国立経済サービス大学との大学間交流プログラムを実施しました

 

ロシア・ウラジオストク国立経済サービス大学との大学間交流プログラムを実施しました ロシア・ウラジオストク国立経済サービス大学との大学間交流プログラムを実施しました
  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.