第11回環大コンペ受賞式が行われました

第11回環大コンペ受賞式が行われました

このページをプリントする
最終更新日:2014-12-19

平成26年12月11日(木)、第11回環大コンペ受賞式が行われました。
環大コンペとは「鳥取環境大学を支援する会」が地域社会に貢献する企画を学内から募集し、優秀企画(団体)に活動資金を贈呈するものです。
今年度は11団体から14企画の応募があり、書類審査、プレゼンテーション審査を経て、下記のとおり優秀企画が決定しました。 受賞式では同会の英会長より、「今回は新しい企画が増え、大学が活発になったように感じます。今後のさらなる活躍を期待しています。」と、激励のコメントをいただきました。受賞者たちは今回の受賞を励みとして、より一層活動に力を入れることを心に誓いました。


第11回環大コンペ受賞式が行われました

第1位 (賞金10万円)

ゼミプロジェクト「協働する若者のチカラ」~地域再生を目指して~
  団体名 泉ゼミ
  概 要 JR西日本米子支社が鳥取駅で開催する「鳥取駅まつり」に参加し、前期のゼミで勉強した鳥取県の西部地区の伝統工芸品である「弓浜絣」をPRするブースを出店するにあたり、「工房ゆみはま」田中さん、稲賀さんご協力の元、学生の若い力で東部地区の人々へ紹介する。

 

第2位 (賞金8万円)

「ヤギプロジェクト」
  団体名 ヤギ部
  概 要 ヤギが草を食べ、糞をし、草が糞を栄養とし成長する。その循環に目を向け、糞を燃料にし、パンを焼き、地域の人と交流することでヤギを中心に輪を広げ、環境大学の基本理念である「人と社会と自然の共生」ということも感じてもらう。

 

第3位 (賞金5万円)

「エコツーリズムに関する調査研究活動」
  団体名 新井ゼミ
  概 要 今年、5月にマレーシア・エコツーリズム視察研修に参加し、エコツーリズム先進国のマレーシアでエコツアーを体験した。その成果をもとに、調査研究を進め、様々な機会や場で報告し、日本旅行業協会のコンテストで特別賞を受賞した。来年2月にも同趣旨研修への参加を打診されており、今後も日本や鳥取県のエコツーリズム振興を考察する。

 

奨励賞 (賞金1万円) 2団体

「ミニ環謝祭と第14回環謝祭」
  団体名 大学祭実行委員会
  概 要 「第14回環謝祭」を行うにあたってのPRをするため、新鳥取駅前地区商店街振興組合さんのもと、「ミニ環謝祭」というPRイベントをさせてもらった。今年は新鳥取駅前地区商店街振興組合さん主催の「第2回バード・ハット子ども広場」の一つのイベントとしてださせてもらい、駅前の地域活性化に貢献する目的もある。

 

「大学生観光まちづくりコンテスト西日本ステージ」
  団体名 Team-TUES
  概 要 大阪城を舞台にした防災観光まちづくりプランのポスターセッション発表と鳥取県、山陰地方を舞台にした観光まちづくりコンテストの提案。

 

  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.