「第5回 中学生のためのサイエンスカフェ」が開催されました

「第5回 中学生のためのサイエンスカフェ」が開催されました

このページをプリントする
最終更新日:2015-03-10

2月14日(土)、第5回中学生のためのサイエンスカフェ(わかとり科学技術育成会主催)がまちなかキャンパスで開催されました。


神戸村野工業高等学校教諭の北野貴久先生を講師にお迎えし、「マジックを科学する」というテーマで、楽しい科学マジックを伝授していただきました。


北野先生は、生活の工夫の中から、手品を始められました。それは、阪神淡路大震災がきっかけでした。当時の神戸市長田区は最大の震災被災地で、救援物資は缶詰が多かったのですが、缶切りがなく、食べられない人が多くいました。そこで、スプーンで缶詰を開ける方法や、ロウソクの火が風で消えない方法等を考案されました。

会場では、缶詰開封の実演の後、ロウソクを水に浸した新聞紙で包み、新聞紙にロウが染み込んで芯と風よけになり、風で消えないことが示されました。
続いて、19種類もの様々な手品が披露されました。以下でその一部をご紹介します。

  • マジックインクの色当て
  • 絵に描いた蛸をいじめて墨を出させる
  • スプーン曲げ
  • ナットの熱膨張
  • 記憶術の名人
  • 2枚の紙に書いた数字を一方の紙を燃やして当てる
  • 気柱の共鳴による遠隔操作
  • 裏返すと向きが変わる絵

参加者は、小学生3名、中学生1名、高校生1名、一般6名で、「とても興味深くわかりやすかった」「頭の体操になった」「マジックを家族相手に披露してみたい」などの感想がありました。

 

「第5回 中学生のためのサイエンスカフェ」が開催されました。 「第5回 中学生のためのサイエンスカフェ」が開催されました。

 

「第5回 中学生のためのサイエンスカフェ」が開催されました。 「第5回 中学生のためのサイエンスカフェ」が開催されました。
  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.