経営学部・新井ゼミ生と大阪観光局が連携した「学まち魅力創造プラン」が始動!

経営学部・新井ゼミ生と大阪観光局が連携した「学まち魅力創造プラン」が始動!

このページをプリントする
最終更新日:2016-03-07

経営学部新井ゼミの学生が大阪観光局と連携し、大阪を訪れる訪日外国人観光客を対象とした観光まちづくりのプランを具現化する「学まち魅力創造プラン」が始動しました。
このプロジェクトは、昨秋、新井ゼミ生を中心とした学生チームが訪日外国人観光客向けの観光まちづくりのプランを競う「大学生観光まちづくりコンテスト」(後援:観光庁・文科省)大阪ステージにおいて第2位「大阪観光局長賞」を受賞し、プランの具現化を求められたことが経緯となっています。
2月10日には新井ゼミ生15名が参加し、大阪市大正区においてフィールドワークを実施しました。学生達は、まず、大正区役所において筋原区長から同区の概要や特徴についてレクチャーを受け、同区の人口減少、地域産業・商店街の空洞化、空き家問題など、鳥取と共通する地域課題に驚いた様でした。
その後、2チームに分かれて、レンタサイクルに乗って同区内でフィールドワークを実施し、川と海に囲まれた同区の「住民の足」である無料渡船や、沖縄県出身者の多い同区に数多く所在する沖縄物産、飲食店にも驚いた様でした。
フィールドワーク終了後は、大阪観光局において、同局関係者と若者、よそ者視点の大正区の観光まちづくりのあり方について活発な意見交換が行われました。
経営学部・新井ゼミでは今後も大阪でフィールドワークを実施し、大阪観光局と連携し観光マップの作成やSNSを活用した観光情報発信など実践的な活動に取り組む予定です。

 

■指導教員・経営学部 新井直樹准教授コメント
「大阪の様な大都市でもインナーシティの問題から鳥取市同様に人口減少が進展し、商店街空洞化や空き家問題など、地域の課題が共通している事を、まず、学生達に認識してもらいたい。その上で交流人口拡大のための観光振興策のあり方を現場で実践的に考えて欲しい。」

 

大阪市大正区役所で筋原区長からレクチャー大阪市大正区役所で筋原区長からレクチャー
レンタサイクルを使ったフィールドワーク width=レンタサイクルを使ったフィールドワーク

 

自転車を載せて無料渡船に自転車を載せて無料渡船に乗船
フィールドワーク終了後、大阪観光局で関係者と協議 width=フィールドワーク終了後、
大阪観光局で関係者と協議

 

  • 関連記事(TUESレポート:経営学部・新井ゼミ学生等のチームが「大学生観光まちづくりコンテスト」で、第2位「大阪観光局長賞」受賞!)はこちら
  • 関連記事(TUESレポート:経営学部・新井ゼミ学生等が「大阪観光大使」に委嘱され、受賞プランの実現に向けた活動を開始)はこちら
  • 関連記事(TUESレポート:経営学部「観光経営概論」(新井直樹准教授)講義において「大学生による観光まちづくり報告会」を開催しました!)はこちら
  • 関連記事(TUESレポート:地域企業等との連携強化を目指して~「公立鳥取環境大学を支援する会との産学官連携に関する懇談会」開催~)はこちら
  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.