秦野諭示名誉教授「視聴覚教育・情報教育功労者表彰」受賞記念講演を開催しました

秦野諭示名誉教授「視聴覚教育・情報教育功労者表彰」受賞記念講演を開催しました

このページをプリントする
最終更新日:2016-02-18

平成28年2月13日(土)、本学の秦野諭示名誉教授が「視聴覚教育・情報教育功労者表彰」を受賞されたことを記念して「大学における情報教育の実際~公立鳥取環境大学の事例より」をテーマに講演を開催し、約60名の参加がありました。

「視聴覚教育・情報教育功労者表彰」とは、多年にわたり、学校教育又は社会教育における視聴覚教育・情報教育の振興に功績のあった者を文部科学大臣が表彰するもので、今回は秦野名誉教授の環境情報学部情報システム学科での功績が認められ、受賞されたものです。
秦野名誉教授は「この賞は、情報システム学科全体として受けたものだと思っています。それを私が代表して受け取ることになりました。」と冒頭であいさつをされました。
講演では、実際に情報システム学科が取り組んできた教育がどういうものであったか、どのように評価されたかについてのお話と、今後は、経済発展や生産性向上のためにはICTが必須になることなどを話されました。
講演後には、卒業生から受賞記念の花束が贈呈されました。
・関連記事 (秦野名誉教授が「視聴覚教育・情報教育功労者表彰」受賞!)

 

講演全体の様子講演全体の様子
講演される秦野名誉教授講演される秦野名誉教授

 

卒業生から花束贈呈卒業生から花束贈呈
  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.