ミニ里山生物園特別企画No.3「テラに棲む生物たちと里山昆虫標本コレクション」を開催しました

ミニ里山生物園特別企画No.3「テラに棲む生物たちと里山昆虫標本コレクション」を開催しました

このページをプリントする
最終更新日:2015-07-10

平成27年6月25日(木)~28日(日)の間、まちなかキャンパスにおいてミニ里山生物園特別企画No.3「テラに棲む生物たちと里山昆虫標本コレクション」を開催しました。
ミニ里山生物園に、これまでの「水辺の生物園アクア」に加え、新たに「陸の生物園テラ」が完成しました。今回の催しは、テラの完成を記念して、環境学部の小林朋道教授が提案し、ゼミ生・生物部の学生が運営スタッフとなり開催した特別企画です。また、環境学部4年松井悠樹さんが採集した、里山昆虫の標本も同時に展示しました。
「陸の生物園テラ」の水槽の中には、ニホンカナヘビやニホントカゲ、クサガメ、各種昆虫類が暮らしており、生物たちの自然な行動が観察できます。小林教授、学生が生物の生態や習性などを詳しく説明し、来場者は興味深く話を聞いていました。来場者からは、「生物をどこで捕まえたのですか」、「エサは何ですか」、「カナヘビなどの生物を間近で見ることができ、貴重な体験になった」、「生物の行動がじっくり観察できるので勉強になった」などの声が聞かれました。
里山生物園では、今後も里山に関するさまざまな企画を計画しています。

 

ミニ里山生物園特別企画No.3「テラに棲む生物たちと里山昆虫標本コレクション」を開催しました ミニ里山生物園特別企画No.3「テラに棲む生物たちと里山昆虫標本コレクション」を開催しました

 

ミニ里山生物園特別企画No.3「テラに棲む生物たちと里山昆虫標本コレクション」を開催しました  

 

  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.