ユニテック工科大学からの留学生との学生交流プログラムを実施しました

ユニテック工科大学からの留学生との学生交流プログラムを実施しました

このページをプリントする
最終更新日:2017-12-27

平成29年11月27日(月)から12月25日(月)まで、本学と相互学生交流協定を締結しているユニテック工科大学(ニュージーランド国オークランド市)から2人の交換留学生、エリン・ファエさんとシリア・ストーンさんが来学し、4週間の学生交流プログラムを行いました。
プログラム期間中、留学生は本学の日本語特別講義を受講するとともに、本学学生と一緒にプロジェクト研究に参加しました。プロジェクト研究のなかで行われたフィールドワークでは城崎温泉や玄武洞公園を訪れ、大地震から復興した街の取組みや玄武洞の由来などを本学学生とともに学びました。
また、本学学生とパートナーを組み、互いの文化や生活など様々な話題を日本語と英語で話したり、ゲームを行ったりして交流を深めました。
その他にも、日本文化の体験の一環として岩美町の延興寺窯での陶芸体験、鳥取城北高等学校の相撲稽古の見学に加え、本学の茶道部、書道部の学生と一緒にそれぞれの活動に取り組みました。また、ホームステイを通して鳥取県の一般家庭のライフスタイルを体験しました。
プログラム最終日12月25日(月)は、英語村クリスマスパーティーの中で修了証を授与し、交流した本学学生たちと名残惜しくお別れの時を持ちました。エリンさんのプログラム体験記には『全体的にとても良いプログラムだと感じました。様々な日本文化体験と学生との交流が特に良かったです。親切で寛大な環境大学のスタッフと学生のおかげで、日本語を毎日勉強する機会に恵まれたことに感謝します。』とあり、シリアさんは『プログラムを通して様々な活動と経験をすることができました。皆さんのサポートに感謝しています。』とありました。
今回のユニテック工科大学からの留学生との学生交流プログラムは、本学学生にとっても言葉や文化など様々なことを学ぶ貴重な機会となりました。

 

日本語特別講義日本語特別講義
本学学生と日本語会話の様子本学学生と日本語会話の様子

 

プロジェクト研究に参加し、玄武洞公園を訪れましたプロジェクト研究に参加し、
玄武洞公園を訪れました
鳥取城北高等学校を訪問し、相撲稽古を見学しました鳥取城北高等学校を訪問し、
相撲稽古を見学しました

 

初めての陶芸を体験初めての陶芸を体験
本学学生と一緒にそば打ち体験している様子本学学生と一緒にそば打ち体験している様子
  • 入試直前単独進学相談会
  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.