環境学部 田島 正喜 教授が「一般財団法人 新エネルギー財団 新エネルギー財団会長賞(導入活動部門)」を受賞

環境学部 田島 正喜 教授が「一般財団法人 新エネルギー財団 新エネルギー財団会長賞(導入活動部門)」を受賞

このページをプリントする
最終更新日:2018-02-21

平成30年2月14日(水)に東京ビッグサイトで行われた、一般財団法人 新エネルギー財団「新エネ大賞」授賞式で、本学の環境学部田島正喜教授が、「新エネルギー財団会長賞(導入活動部門)」を受賞し、表彰状と副賞を受け取りました。

 

新エネ大賞とは、新エネルギーの一層の導入促進と普及及び啓発を図るため、新エネルギーに係る商品及び新エネルギーの導入、あるいは普及啓発活動を広く募集し、そのうち優れたものを表彰するものです。

 

今回の受賞は、田島教授が九州大学在任時代から取り組んできた「福岡市水素リーダー都市プロジェクト~下水バイオマス原料による水素創エネ技術の導入~」に対してのもので、福岡市と三菱化工機(株)、豊田通商(株)の共同で受賞しました。

 

この研究は、下水処理で発生する下水バイオガスを用いて水素を製造し、実用規模で燃料電池自動車(FCV)に供給するという世界初の事業であり、生活排水から水素を製造することから、世界のどの都市でも展開が可能で、地産地消エネルギーとしての有効利用が期待されています。

 

詳しい内容は、こちらからご覧ください。

 

「新エネルギー財団会長賞(導入活動部門)」受賞「新エネルギー財団会長賞(導入活動部門)」の表彰状と共に

 

新エネルギー大賞受賞者集合写真新エネルギー大賞受賞者集合写真
共同受賞者との記念写真共同受賞者との記念写真
  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.