環境学部 佐藤 准教授が古タイヤを再生するキノコを国内で初めて発見しました

環境学部 佐藤 准教授が古タイヤを再生するキノコを国内で初めて発見しました

このページをプリントする
最終更新日:2018-05-07

本学の環境学部 佐藤 伸 准教授の研究チームが、自動車のタイヤを分解し、天然ゴムを効率よく取り出すのに利用できる可能性があるキノコを国内で初めて発見し、マスメディアに取り上げられました。

 

現在、古タイヤは焼却したり、そのまま再利用したりすることが多く、天然ゴムとして再資源化されることはほとんどなく、世界中で廃棄による環境への影響が懸念されています。
タイヤは主原料である天然ゴムの分子を硫黄で結合させ、伸縮性を持たせています。タイヤを分解するバクテリアは見つかっていますが、天然ゴムも傷めてしまうため、再資源化するには硫黄の結合だけを分解する技術が求められていました。

 

今回、研究チームは鳥取県東部の智頭町芦津でキノコを調査し、枯れ木などに生えるシハイタケとシロカイメンタケから、硫黄の結合を選択的に分解する能力を持つものを見つけました。研究チームは同様の働きを持つ菌を海外でも見つけていましたが、今回のキノコはより高い能力があり、国内での発見は初めてです。
今回の発見は、リサイクルが進んでいない古タイヤの再資源化に役立つと期待されます。

 

佐藤 准教授は「企業との共同研究で分解のメカニズムを調べ、5年後をめどにリサイクルに生かしたい」と話しています。

 

 

シハイタケシハイタケ
シロカイメンタケシロカイメンタケ
  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.