日本財団学生ボランティアセンターと「学生ボランティア活動推進に関する協定」 を締結しました

日本財団学生ボランティアセンターと「学生ボランティア活動推進に関する協定」 を締結しました

このページをプリントする
最終更新日:2018-05-10

平成30年5月1日、本学は公益財団法人日本財団学生ボランティアセンター(以下「Gakuvo(ガクボ)」という。)と「学生ボランティア活動推進に関わる協定」を締結しました。この協定により、本学とGakuvoが学生のボランティア活動や社会貢献活動に関して相互に協力・連携を行い、その発展を促進していくことになりました。

 

Gakuvoは現在、82の大学と協定を結んでおり、地域別では関東、関西、中部、中国、九州、東北におよびます。また、活動内容も東北ボランティアから、地域密着型の活動、海外でのBOPビジネス実習など多岐に渡っています。(Gakuvoのホームページより)

 

本学はこの協定の締結により、次の目標を達成していきます。
(1) 「地域とつながり、地域を担う人材、世界にはばたく人材の育成」(学則第1条目的)の推進
(2) 学生の社会貢献活動及びボランティア活動に対する支援の充実及び活動の促進

 

なお、支援内容は次のとおりです。
(1) 社会貢献人材、ボランティア人材育成に関する支援(研修会、講師派遣等)
(2) 社会貢献活動及びボランティア活動に関する支援(活動資金等)

 

これまでに本学の地域貢献活動には、次のようなものがありましたが、今回の協定締結を期に、一層学生の地域貢献活動を支援し、推進していきます。
・古民家の活用
・地域の高齢者、子どもたちとの交流
・地域イベントへの出店、ボランティア活動
・地域情報の発信
・地元食材を利用した新商品の開発
・伝統芸能の継承、復活
・地域イベントの企画と実行         など

 

 

「新春もちつき大会」を開催し、智頭町をPR(2018.1)「新春もちつき大会」を開催し、智頭町をPR(2018.1)
「日進地区公民館夏まつり」に出店(2017.8)「日進地区公民館夏まつり」に出店(2017.8)
  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.