楽しみながらジオパークを学ぶ「科学実験教室」を開催!

楽しみながらジオパークを学ぶ「科学実験教室」を開催!

このページをプリントする
最終更新日:2018-07-23

7月15日(日)、本学で「ジオパーク科学実験教室」を開催しました。当日は猛暑のなか、約650名の方にご来場いただき、活気あふれる行事となりました。
この行事は、地域の皆さまに、私たちが住む山陰海岸ジオパークエリアの特徴や魅力を工作や観察、体験を通じて学んでいただくことを目的として開催しているものです。本学の教員、クラブ活動、学生有志団体のほか、学外からも鳥取西高等学校、鳥取東高等学校、岩美高等学校に、それぞれ授業や課外活動として取り組んでいる内容を発表・展示していただきました。
今回は、オオサンショウウオの革細工、弁当パックを重ねて等高線を表現する模型などの工作や、山陰海岸ジオパークを巡るボードゲーム、カルタなど体験型の出展のほか、土の中の微生物、昆虫、小動物等とふれあいながら観察するもの、ジオパーク写真の展示、砂ねんどなど多彩な企画が並びました。
干物で魚拓をとる出展では、参加した児童がエイやマダイ、トビウオなどの干物に思い思いの絵の具をぬり、半紙をおさえつけて魚拓をとりました。魚の姿かたちや表面の特徴がはっきりと写し出され、児童は大変喜んでいました。
一方、鳥取砂丘にカエルが住んでいることについての研究発表には、子ども達以上に、大人がくぎ付けになって学生の説明を聞いていました。
イベントの運営や来場者の対応は、約60名の本学学生が行いました。学生が主体となって出展内容を考え、準備し、来場者に伝えるという経験は、学生にとっても学びの機会になったようです。
※このイベントは、鳥取県(海と大地の自然館)との共催で、山陰海岸ジオパークに関する展示や、地球科学又は理科教育に関する体験を通じて、山陰海岸ジオパークの普及・啓発及び地球科学や郷土の自然に興味関心を抱き、学ぶ意欲を醸成するために実施しているものです。

 

 

貝がらの写真立て貝がらの写真立て
サザエの解剖(岩美高校)サザエの解剖(岩美高校)
鳴砂の研究(鳥取東高校)鳴砂の研究(鳥取東高校)
土の中のいろんな生き物を観察してみよう土の中のいろんな生き物を観察してみよう

 

 

ジオパーク科学実験教室出展ブース
  テーマ名 分類
1 皮で作るオオサンショウウオ 工作
2 飛ぶヤマトシジミのしおり 工作
3 イヌワシの凧 工作
4 プラネタリウム 観察・体験
5 自分の星座をつくろう 工作
6 土は生きている!
土の中のいろんな生き物を観察してみよう
観察
7 ジオ道!~山陰海岸ジオパークをゆく~ 体験・工作
8 (鳥取県 海と大地の自然館)弁当パック立体模型 工作
9 (鳥取西高校)ミラクルフルーツ 体験
10 (鳥取西高校)チョコっと大噴火 観察
11 (鳥取西高校)自然科学部研究発表 展示
12 ジオカルタであそぼう(出展協力:岩美高校) 体験
13 (鳥取東高校)古砂丘の研究 展示
14 (鳥取東高校)鳴砂の研究 展示
15 チリメンモンスターを探してみよう! 観察
16 貝がらの写真立て 工作
17 干物で魚拓 観察・体験
18 (岩美高校)サザエの解剖 観察
19 TUEZoo (動物ふれあい) 観察・体験
20 砂の里山を跳ねるカエルたち 観察
21 砂ねんど体験 工作
22 ジオパーク写真の展示 展示
23 ハタハタの竜田あげ 観察・体験
  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.