生物部が「ワカメフェス」に参加し、山陰の秘密の食材「板ワカメ」の魅力を伝えました

生物部が「ワカメフェス」に参加し、山陰の秘密の食材「板ワカメ」の魅力を伝えました

このページをプリントする
最終更新日:2019-05-27

平成31年4月28日(日)、岩美町網代の浜公園で開催された「板ワカメ」の魅力を伝えるイベント「ワカメフェス」(主催:ワカメフェス実行委員会)に生物部の学生7名が体験コーナーに参加し、地元の網代地区の皆さんとの交流も深めました。

 

このイベントは、岩美町地域おこし協力隊の則定希(のりさだのぞみ)さんが中心となって開催したもので、山陰の秘密の食材「板ワカメ」に着目し、PRするとともに、地元の皆さんと盛り上がろうと、世界最大の板ワカメづくりやフードコーナーなどを盛り込んだイベントとして企画されたものです。当日は、500人を超える人たちで賑わいました。

 

生物部が設けたブースの来場者数は77名で、そこでは、チリメンモンスターの観察、海藻しおりの配布、タッチプールでの生物の生態説明を通して、網代の海や自然環境に興味をもってもらうことができました。

 

想定を超える来場者で、皆さんの笑顔とともに大盛況のうちにイベントは終了しました。

 

この活動は、本学地域連携活動推進助成金を活用したものです。

 

 

チリメンモンスターの観察チリメンモンスターの観察
配布した海藻しおり配布した海藻しおり

 

タッチプールの生物の生態説明タッチプールの生物の生態説明
  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.