環境大生がチャレンジ~空き店舗に古着屋を開店!!~

環境大生がチャレンジ~空き店舗に古着屋を開店!!~

このページをプリントする
最終更新日:2006-09-06

平成18年9月1日 本学学生の山本哲也さん(環境デザイン学科4年)、西岡哲人さん(環境政策学科4年)の2名が、衣料品店でアルバイトしていた経験を生かし、鳥取駅前の「サンロード」で古着屋を開店しました。学生時代になにかチャレンジしてみたい、商店街の活性化のために役に立ちたいとの思いから、貯金を取り崩して出店を決断しました。店の名前は「古着屋TENGOKU」高校生や大学生向けのTシャツなどを扱っています。店舗内部の内装は全て自分達手作りし、徹底的にコストを押さえました。店舗の家賃が月6万円なので、月40万円は売り上げたいと意気込んでいます。

環境大生がチャレンジ~空き店舗に古着屋を開店!!~

  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.