日本環境教育学会第18 回大会(鳥取)プレイベント「鳥取で環境教育を語ろう」

日本環境教育学会第18 回大会(鳥取)プレイベント「鳥取で環境教育を語ろう」

このページをプリントする
最終更新日:2006-10-25

平成18年10月21日  国内外で環境教育への関心が高まる中、来年5月25~27日まで、日本環境教育学会第18回大会鳥取(主催;日本環境教育学会他)が鳥取環境大学で開催されます。この大会のプレイベントとして鳥取県内の環境教育に関心を持つ学生さん(高校生や大学生)、一般市民、学校教育・社会教育・NPOなど関係者の方々にお集まりいただき、鳥取市内で交流を深めました。当日は、本学環境政策学科小林教授から基調報告があり、池田満之氏(持続可能な開発のための教育の10年推進会議(ESD-J)副代表理事) 、牛山佳久氏 (自然体験活動推進協議会(CONE)副代表理事)、渡辺峰夫氏 (日本ネイチャーゲーム協会(JNGA)事務局長)の各氏がそれぞれの立場から、環境教育について話がありました。その後、パネルディスカッション テーマ「鳥取で環境教育を語ろう」が行われました。 ディスカッションでは、一般の方から、地域の住民を巻き込むシステム作りのポイントは何か、とか、鳥取では環境教育で河川を使う場合、許可が下りにくいなど様々な質問、意見が出されました。

日本環境教育学会第18 回大会(鳥取)プレイベント「鳥取で環境教育を語ろう」

 

  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.