産官学連携フェスティバル2006に参加・出展

産官学連携フェスティバル2006に参加・出展

このページをプリントする
最終更新日:2006-11-09

平成18年10月17日・18日 鳥取県民文化会館で、2日間にわたり「産官学連携フェスティバル2006」が開催されました。同フェスティバルは、鳥取県内で活躍する各分野の研究者、技術者などが研究成果や技術等を発表する場で、分科会、パネルディスカッションと盛りだくさんの内容で実施されました。主催者の発表で延べ約450人の参加者があり、本学からは口頭発表4件、ポスター発表11件計15件の発表が行われました。口頭発表の内容は以下の通りです。1.「追突防止システムの開発による環境保全」(情報システム学科教授 鷲野翔一) 2.「省エネタイプPLL周波数シンセサイザの実用化への研究開発」(情報システム学科教授 鷲見育亮) 3.「サステナブルシティ実現戦略の研究ー2」(環境デザイン学科教授 木俣信行) 4.「鳥取県におけるエネルギーの自律を目指すバイオマスタウンモデルの開発についての調査研究」(環境デザイン学科教授 吉村元男)

産官学連携フェスティバル2006に参加・出展

  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.